インプラントの寿命は、メンテナンスにかかっています

インプラントを長持ちさせるために

インプラントは、定期検診におけるメンテナンスとセルフケアを行うことで、長期的に使用することが可能です。逆にケアを怠ると、インプラントの歯周病「インプラント周囲炎」を招いてしまうことがあります。

人工歯であるインプラントは虫歯になることはありませんが、恐れるべきなのはこの「インプラント周囲炎」。そのリスクを理解して健康な状態を保ち、インプラントをできるだけ長持ちさせましょう。

インプラント周囲炎とは?

インプラント周囲炎とは、歯周病菌がインプラントと歯肉の間に入り込み、歯周病と同じ症状を招く病気です。徐々にインプラントの周りの歯肉が腫れ、悪化すればインプラントは抜け落ちてしまうこともあります。

インプラントは人工物であり神経がないことから、初期にはなかなか自分で気付くことができません。そのため、インプラント周囲炎にかかっていることがわかった時には、かなり進行しているということも少なくないようです。せっかく埋入したインプラントを失わないように、定期検診とセルフケアを欠かさないようにしましょう。

当院の定期検診

当院では、インプラントをできるだけ長持ちさせ、また周りの歯の健康を守るために、手術後にはメンテナンスのために積極的に定期検診を推奨しています。定期検診では、次のことを行います。

pagetop