メリットいっぱいのインプラントで、毎日を楽しく過ごしましょう

インプラント治療について

失った歯の機能を取り戻す治療として、近年注目されているインプラント。治療では、歯を失った部分の顎の骨に人工の歯根(インプラント)を埋入し、その上にセラミック製の人工歯を取り付けて歯の本来の機能を回復します。

インプラントは生体親和性の高いチタンでつくられていることが多く、身体に無害。顎の骨にしっかりと結合するため、まるで本物の歯が再び生えてきたかのような、自然な噛み心地がよみがえります。さらに、上に被せる人工歯には透明感や色調を忠実に再現できるセラミックが使われることがほとんどで、見た目もとても自然。歯を失ったことを忘れてしまう、優れた治療なのです。

インプラントのメリットとは?

  • 本物の歯と変わらない噛み心地がよみがえる
  • 本物の歯と見分けがつかない
  • ブリッジのように、両隣の歯を削ったり、引っかけたりすることがなく、周りの健康な歯に負担をかけない
  • インプラントを通じて噛む力が顎の骨にしっかり伝わるため、顎の骨がやせるのを防げ、フェイスラインを維持できる
  • お手入れ次第で長期間の使用が可能 など

インプラント手術について

インプラント治療では、顎の骨にインプラントを埋入するための手術を行います。手術時には麻酔を使用しますので、痛みや腫れはほとんどありません。また、短時間で済むため入院の必要はありません。ご安心ください。

他の治療法との比較

失った歯の機能を取り戻す治療には、インプラントの他にも「入れ歯」や「ブリッジ(※)」があります。それぞれの治療法と比較してみましょう。

  • ※横並びに1~数本の歯を失った場合に、両脇に残った歯を削って支えにして、連なった人工歯を被せる治療です。
  インプラント 入れ歯 ブリッジ
 

インプラント

入れ歯

ブリッジ

メリット
  • 本物の歯のように噛める
  • 周りの歯に負担をかけない
  • 見た目が自然で美しい
  • よく噛めることで、全身にもよい影響を与える
  • 素材によっては保険治療が可能
  • 健康な歯を削る必要がない
  • 固定式で装着の違和感がない
  • 素材によっては、見た目が自然に再現できる
  • 素材によっては保険治療が可能
注意点
  • 手術が必要
  • 全身疾患や、顎の骨量などの状況によっては、治療できないことがある
  • 自費診療になるため費用が高額
  • 維持のために定期検診が必要
  • 部分入れ歯の場合、固定するためのバネなどが隣の歯に負担をかける
  • 噛み心地に劣る
  • ガタつきやずれなど、装着の違和感がある
  • 固定するために、健康な両隣の歯を削る必要がある
  • 固定させる歯に負担をかけ、その歯の寿命を縮めてしまうことがある

こんな時はインプラント治療を

1)入れ歯の噛み心地が不満……。

入れ歯は、どんなに精巧につくっても、口腔内環境は常に変化しているため、どうしても噛み合わせが狂い調整が必要になってきます。また、入れ歯を装着した時の痛みや食べ物がしっかり噛めないことに不満を感じることも。そんな時には、インプラントがおすすめです。

2)入れ歯のお手入れが面倒……。

入れ歯は、毎日取り外してお手入れをする必要があります。お友達との旅行などの際には、取り外すことに抵抗を感じる方もいるでしょう。そんな方には、お手入れ方法が本物の歯と同じように歯磨きするだけのインプラントがおすすめです。

3)入れ歯のバネが目立つ……。

入れ歯の種類によっては、引っかけるバネなどが目立つことがあります。他人から入れ歯だと気付かれることがコンプレックスになる方は少なくありません。そういった方には、本物の歯と変わらない見た目が手に入るインプラントがおすすめです。

pagetop