顎の骨量を増やせる治療があります

インプラント治療を可能にするために

当院では、より多くの患者様のインプラント治療を可能にするために、上顎の骨量や厚みが足りない方に対し、「ティッシュエンジニアリング」といった治療を行っています。

他院で、インプラント治療は難しいと診断されてしまった方でも、この手術によってインプラント治療が可能になることがあります。どうかあきらめないで、一度当院までご相談ください。

GBR(骨再生誘導法)について

歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収され骨幅が薄くなってきます。GBR(骨再生誘導法)は歯槽骨の骨幅が不足している部分に、骨補填材を置き、骨の再生を促進する治療法です。

GBR 前のCT 画像

矢印

GBR 後

矢印

インプラント埋入後

上顎の前⻭部の⾻吸収が進み抜⻭になりました。抜⻭部位及び⽋損部位の⾻幅が薄くインプラント埋入が不可能である為、このような⾻移植を⾏うことによりインプラント埋入が可能となりました。

ソケットプリザベーションについて

ソケットプリザベーションとは、抜歯後の骨吸収を防止する目的で行う処置を差します。
歯は、元来顎の骨の中に埋まっていますので、抜歯すると、歯があったところが、穴になります。この穴を抜歯窩、またはソケットと呼びます。
骨(歯槽骨)は、歯を支えるための歯周組織であるために、一度、歯が無くなくなってしまうと、時間の経過とともに、急速に吸収が進み、6ヶ月後には半分ぐらいの大きさになってしまいます。それに伴い歯肉も退縮します。

ソケットプリザベーションについて

A:抜歯後にソケットプリザベーションを行い、
ブリッジを装着。
B:抜歯後通常通り治癒をまってブリッジを装着。

※AとBを比較すると、ソケットプリザベーションを
行っていない
Bの方が骨が吸収し、歯肉が窪んでいるのが分かります。

before

before

before

虫歯と歯周病で、この後4本抜歯になりました。

After

After

After

抜⻭後、ソケットプリザベーションを⾏い、⾻再生後にブリッジを装着しました。

After

After

ブリッジを外すと、ソケットプリザベーションを⾏った部分は⾻が再生されています。

FGG (遊離歯肉移植術)について

FGGとは、上あごの口蓋 [ こうがい ] から上皮の付いた歯肉を切り取り、歯根やインプラントの周りに移植する事により、角化歯肉を獲得する方法です。 歯根の周り、特に、インプラントの周囲に角化歯肉がない場合、歯ブラシの圧力に弱く、歯磨きが困難になったり、歯肉が退縮してしまったり、炎症などを引き起こすため、インプラントも長持ちしません。そのためにこの処置を行います。

FGG (遊離歯肉移植術)について インプラント埋入前の状態です。
歯が欠損していることにより、
角化歯肉(硬い歯ぐき)が喪失しています。
FGG (遊離歯肉移植術)について インプラント埋入後に、上あごの口蓋より上皮のついた角化歯肉を切り取り移植しました。
FGG (遊離歯肉移植術)について 最終補綴物が装着されたところです。
良好な角化歯肉が出来たことにより、歯肉の退縮を抑え清掃もしやすい環境になりました。

CTG ( 結合組織移植術 )について

CTG (結合組織移植術)とは、歯根面を覆う周囲の歯肉の厚みを増加させることができ、審美的に優れた被せ物を入れることが出来ます。さらに、歯磨きがしやすくなり、インプラントが長持ちします。

CTG ( 結合組織移植術 )について

矢印

CTG ( 結合組織移植術 )について

矢印

CTG ( 結合組織移植術 )について


陥没した歯茎に、上あごの口蓋から結合組織のみを採取し、上皮と骨膜との間に結合組織を移植し、歯肉を増やしました。これにより、審美的にも優れた被せ物を入れることができ、さらに歯磨きもしやすくなり被せ物が長持ちします。

サイナスリフトについて

サイナスリフトとは「上顎洞底挙上術」ともいい、上顎の骨の厚みが4mm以下であり、インプラントを埋入するには不足している場合に行う手術。骨の足りない部分の歯肉の側面を切開し、骨移植剤を注入して骨の厚みを確保します。その後、移植骨が安定するまで4~6ヶ月待ち、インプラントを埋入します。

ソケットリフトについて

ソケットリフトとはサイナスリフトと同じく、上顎の骨量や厚みが少ない場合に行う手術。サイナスリフトとの違いは、歯肉の側面からではなく、歯が生えていた部分から上顎の骨に穴をあけて骨移植を行う点です。骨移植と同時にインプラントを埋入することができるため、サイナスリフトと比較して、治療期間が短縮できます。傷口も小さくて済み、身体への負担も軽減します。なお、ソケットリフトが難しい場合にはサイナスリフトを採用します。

pagetop